アイピルの基本情報

こちらのアイピルは世界的に有名な性行為後に服用する避妊薬(アフターピル)です。

性行為時の避妊失敗に対して24時間、又は72時間以内に服用することで、望まない妊娠を回避できます。

アイピルに含まれる成分が、ホルモンバランスを崩し、体を妊娠しにくい状態にします。その結果、避妊効果が現れます。服用から2~21日後に消退出血と呼ばれる生理に似た出血があれば避妊に成功した可能性が高いです。

毎回の性行為後に服用することはおすすめできませんが、万が一の事態の為に1~2錠携帯しておくことで安心感に繋がります。

○アイピルの用法・用量

性行為後72時間以内に1錠、経口から服用。その際はコップ1杯のお水、又は白湯で飲むこと。服用後に嘔吐感が現れることがあります。

もし、アイピルが吸収される3時間前に嘔吐してしまった場合は再度服用する必要があります。

アイピルを服用して3時間以上経過している場合は再度服用する必要はありません。

○アイピルの注意点

服用後の嘔吐を防ぐためには食後の服用が効果的です。

性行為後、24時間以内であれば更に避妊効果が上がります。

重度の肝臓病、既に妊娠している方は服用しないこと。

あくまで緊急用の服用とし日常的に服用せず、普段の避妊は低用量ピルで行うことをおすすめします。

高温・多湿・直射日光を避け、室内で保管すること。

○アイピルの副作用

頭痛、目眩。倦怠感、嘔吐感など軽度の副作用があります。

重症化、又は24時間を超えて症状が続く場合は病院での診療をおすすめします。

○アイピルのコロミ

・お守り薬としてアイピルを持っていて、この間危険日に彼氏とえっちしたとき、ゴムが中で外れていたので飲みました。えっちしてから1時間後に飲んで1週間後に出血がありました。その後は普通に生理が来ました。最初飲むのはちょっと心配でしたが、飲んで良かったです。

・結婚はしているのですが、まだ2人の時間を楽しみたいということで保険のためにこちらを購入。病院よりも圧倒的に安いので3箱注文しました。この間初めて1錠飲みましたが、吐き気は少々感じる程度でした。思っていたより副作用が無かったので、飲みやすいと感じました。ちなみに、生理は服用してから5日後にきました☆

・避妊効果は高いと思いますが、副作用はあります。今まで5回ほどアイピルを飲みましたが、毎回生理が来るまでの間はドキドキです。アイピルは避妊成功率が高いようですが、100%じゃないのでやっぱり今でも心配しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です