経口避妊薬の効果って何でしょう?

経口避妊薬とは、英語でoral contraceptive(OC)というので、OCと略すこともあります。今妊娠を希望しない場合、経口避妊薬で避妊を確実に行い、体に影響を与える人工妊娠中絶術を避けて、女性の身体が傷つくのを防止することができます。

経口避妊薬の成分は主に2つの女性ホルモンです。それぞれは卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。この2つの女性ホルモンは脳下垂体に働きかけて卵胞を成熟させるホルモンの分泌をおさえることで、排卵をおさえて妊娠を防ぎます。だから卵胞は成熟せず、排卵が起こらないのです。

その他にも子宮頚管の粘液を変化させて精子を子宮に入りにくくします。また子宮内を変化させて、万が一排卵して受精しても受精卵を着床しにくくします。

経口避妊薬の最大の効果はもちろん避妊のことですが、それ以外に他の効果もあります。下にそれぞれ説明いたします。

1.生理痛の緩和

前に説明した通り、経口避妊薬を服用することで身体は「今は妊娠中である」と錯覚します。そのため、新たな排卵や子宮内膜の排出(経血)が行われず、これらに伴う生理痛も起きなくなります。

生理開始予定日の数日前から薬を飲み始めたほうがより効果的で、ひどい生理痛に対して鎮痛剤よりも高い効果が見込まれます。主に低用量ピルが使用されます。

2.生理周期の調整

生理周期とは、生理が始まった日から、次の生理が始まる前の日までのことを言います。一般的に25日~38日のサイクルで回っておりますが、中には不順な方がいらっしゃいます。経口避妊薬は生理周期を規則的にし、自分でコントロールすることも可能になります。

スポーツ選手など、この方法でコントロールしている方も多いのです。誰にでも、出張や旅行、試験など、できれば避けたい日があるはず。こんな時、生理日を遅らせて快適に過ごすことができるようになります。