緊急避妊薬の特徴

緊急避妊薬はアフターピルまたはモーニングアフターピルなどとも呼ばれ、妊娠を望まない場合には緊急避妊薬の服用が必要となってきます。また強姦などの凶悪な事件を含め性交を強要され避妊ができなかったというケースにも、この緊急避妊薬が用いられます。緊急避妊薬の避妊率はとても高く、望まない妊娠を防ぐことができますが、効果は100%ではありません。また、服用方法が間違っていたりきちんとした用量が服用できなかった場合は避妊効果が得られない可能性があります。

男女とも、避妊手術があります。卵管結紮は女性に対して、避妊手術を行います。卵巣から卵子を子宮に運ぶ卵管を切断して縛ります。精管切除術よりも複雑な手術で腹部の切開を必要とし、全身麻酔または区域麻酔で行います。出産直後の女性は、出産の当日または翌日に避妊手術を行うことができるので、普通の出産と同じ入院期間で避妊手術もできます。前もって手術日を決めておき、待期手術として行うこともあります。

女性が自分の意志でコントロールできる避妊方法ですが、毎日飲まなければいけない、保険適用外なので薬代がかかる、と言うデメリットもあります。ピルの副作用が怖い、と言うイメージもありますが、平成11年に認可された低容量のピルは、ホルモン量が低めなので、副作用の発生率はかなり低くなっています。服用開始1~2ヶ月は、下記のような副作用がでる場合がありますが、症状の多くは1~2ヶ月で軽減します

  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 不正出血
  • 頭痛
  • 乳房の張りなど

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です